ムラサキツツジが咲いた


DSCN1722.jpg今日の札幌は、明るい曇りだが気温は10度前後と肌寒い。

昨日までの3~4日が温かかったためか、我が家の花木であるムラサキツツジも花が笑い出した。

このムラサキツツジは、毎年、我が家の庭では一番先に、微笑んでくれる優しい花だ。

この花の近くにある姫木蓮の花も、この花の開花に釣られて、間もなく咲きだすのでとても楽しい。

DSCN1723.jpgまた、この花とほぼ同時期に花を着ける宿根草のヒヤヒンスも地面近くで繊細な花房を見せてくれる。

今年のヒヤヒンスは、球根を、秋に掘り上げてやらなかったので、ピンクの花色が例年より薄いように感じた。

直近の冬は雪が多く降り吃驚したが、今の季節は高温の日が続き、もう一度吃驚している。

私ども高齢の二人は、直近の気温の大きな較差に負けたのか、昨日から鼻水と、クシャミが続き、ゴミ箱がテッシュで一臂になっている。

それでも、13時半からはテレビに齧りついて、仙台市で行われた羽生結弦さんの記念パレードの中継を、しっかりと観た。

細切り江戸ごぼう太を貰った


RIMG0039.jpg今日の札幌は朝から晴れ、気温も夏日寸前まで上昇し暖かかった。

午前中、息子夫婦が、お土産を持参して遊びに来てくれた。

4月の初旬に私用で東京へ出かけ、そのお土産にと買って来てくれたものだ。

品名は、”細切り江戸ごぼう太”と言い、一般に売っている、東京名物のごぼうの醤油漬けよりは、塩気が少なく歯ごたえが柔らかいものだそうだ。

明日の朝食には、早速、戴いた牛蒡を食べ、気が向けば、市街中心部か自宅付近を徘徊したい。

公園の残雪


DSCN1714.jpg今日の札幌は朝からうす曇り、気温は昨日に引き続き20℃前後だった。

プロバイダーを変更したため、約一週間投稿ができなかったが、その間は頭と身体とは楽だった。

今日から、又、ブログを続けて行く心算なので、宜しければ、再訪問なさってください。

今日は、札幌の原点とも言うべき、大通り公園をうろついた。

札幌に住み着いて、約70年くらいの間、この公園には300回以上通った。

だが、この公園の西端に当たる、西13丁目付近を、4月中旬頃に散歩したことは無かった。

今日、その付近を歩いてみたら、札幌市資料館の東側に、まだ雪が残っていた。

先週は、家の近所に融け残った雪があったのに驚いたが、今日は札幌市のど真ん中に未だ雪があるのに驚いた。

札幌の終雪は4月19日頃だから、市中心部に、まだ、雪があっても不思議はないのだが、正直吃驚した。

本20日の午前中に開通した、志賀草津高原ルートの、高さ4mの雪壁とは比べ物にはならないが、志賀草津高原ルートは、2000m級の高い山道だ。

写真の上部に見える札幌市資料館は、明治時代に、札幌控訴院という裁判所の建物だったことから、戦前の刑事法廷の模型が、館内に残されている。

札幌市内の、積雪の名残と文化の名残との対比を記録し、志賀草津高原ルート開通にも思いをはせた。

今日からは、又、新しい気持ちで、札幌探しを続けて行きたい思っている。

融け残りの雪


DSCN1707.jpg今日の札幌は朝から晴れ、午後からは雲が覆ってきたものの、気温は15℃近くで風もなく、まぁまぁの散歩日和だった。

昨日は、ディサービスセンターで、終日、訓練をした疲れが残っているので、今日は自重してご近所をうろつき回った。

散歩道を変えたところ、中通の南向きの古い倉庫の外壁に、屋根からの落雪を融かすため、天地返しをした残雪が、まだ、残っていた。

本4月12日の本州は、6月中旬から下旬の気温だと言うのに、北緯43度の札幌には、まだ、残雪があったのだ。

珍しいので、記録をさせて貰った。

ひ孫と言う新しい命が生まれた


DSCN1681.jpg今日の札幌は朝から晴れ、気温も10℃を超えて、まぁまぁの日和だ。

未明から晴れたこの良い日に、ひ孫が一人増え、四人となった。

4月10日の今朝早く、元気な女の子と言う命を、孫の配偶者が、世に送り出してくれたのだ。

母子ともに元気と、息子から電話で聞き、孫の配偶者に感謝し、彼女の産後のひだちが良好であれと祈った。

新しい命には、心豊かで、人を導く力を養ってもらい、将来は緒方貞子さんやメルケル首相のように、人から仰がれる存在になって欲しいと、ひい爺さんは勝手に思っている。

でも、本心は、折角、貰った命だから、自分を大切にして、自分の思うような生き方をしてもらえれば、それでよいのだと思っている。

また、新しい命には、今、我が家に咲いている君子蘭のように、輝きながら、100年の命を保ち、人生を謳歌して欲しいとも願っている。

クロッカスが咲き始めた


DSCN1706.jpg今日の札幌は晴れ、夕方からは曇りで雨模様だった。

ボケ防止のためと、飽きもせず、自宅の近所を徘徊した。

何時も通る仲通りの、南向きの戸建ての庭に、十株ほどのクロッカスが花を見せていた。

札幌では、路地植えのフクジュソウに続き、青色で地味ではあるが春らしい花を見せる草花だ。

往来する人も、薄手のトレンチコートを羽織り、胸を反らせ大股で歩いていた。

歳を取ると、歩幅が狭くなると同時に歩く速度も遅くなって、若い方のように颯爽と歩けないのが情けない。

でもまぁ、杖をついたり、シルバーカーを押して歩かなければならない、ほどではないことは、有り難いと思っている。

花まつりなのに今日は雪


DSCN1703.jpg今日の札幌の天気は、時々晴れ間が見える曇りで、気温は10℃前後と寒い。

未明に降った雪が、珍しく我が家の庭に積もったが、11時頃には消えた。

この季節には、例年降雪はあるが、積雪として残るほど降雪量ではない。

仏教の信者でもないのに、今日は花まつりだと、朝から浮き浮きしていたのだが、この積雪を見て気持ちが萎えてしまい散歩は取りやめた。

子供の頃に住んだ旭川市では、やゃ近くに浄土真宗の寺院が経営する幼稚園があったことから、そこに通う園児たちが、着飾って稚児行列をしていたのを見たことがある。

今は、年末に友人とクリスマスを祝い、新年にはペアで神社を参拝しても、釈迦の誕生を祝う花まつりの日の行事に、参加する若者はいないようだ。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター