もう、骨董品に近くなったレコーダー


DSCN1463.jpg今日も暑さが厳しいので散歩は控えた。

暇をもてあまし断捨離が出来ずに、ジャンクボックスに放り込んでおいた、小物の通信機器等を探して見た。

探し出した通信機器の中に、テープやICで録音する機材があったが、テープ録音の機器は、もう、骨董費の部類になるのだろう。

使える機器なのに、ジャンクボックスがこんなに溜まってしまった自分を嗤うしかないのだろう。

でも、心の隅では、大量生産・大量消費で、単価が低くなったのと、目先を変えた改良で、既製品を陳腐化してしまったから、どうしても買わざるを得ないのだと、自分の浪費を、生産者や販売業者のせいにして、自分をかばっていた。

ガラケーだけは、業者の口車に乗らず、今でも現役で活動をしている、唯一の骨とう品だ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター