ナツツバキ


P1040212.jpg今日の札幌は午前中は晴れ、午後うす曇り、気温は夏日を越え真夏日近くまで上昇。

家の近くを、朝の涼しいうちに歩いてきた。

戸建ての住宅の庭に、宮城県以西でしか生育しないと言われている、ナツツバキの花が見えた。

偶々、庭の手入れをされていた奥さんに話を伺うと、ご主人が宮城県出身なので、試しに植えてみたところこのように育ったと教えてくれた。

仏教に、三大聖樹と言うのがある。 一つは、釈迦が生まれた時に咲いたと言う、無憂樹、二つ目は、釈迦が悟りを開いた時のインド菩提樹、そして釈迦が入滅するときに枯れた言われる沙羅双樹だ。

ナツツバキの花は、沙羅双樹の花に似ていると言うので、沙羅の木とも言われている。

ナツツバキの花は、朝咲いて夕方落下する一日花だが、ツバキの樹とは異なり、冬には落葉する。

珍しい花なので、この家の奥さんのお許しを得て、記念に撮影させて貰った。

朝起きは勿論、朝の散歩も、三文の得になるようだ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター