ドクダミの白い花


DSCN1467.jpg今日の札幌は朝から曇り、時々雨の天気。

気温は、やっと、夏日を越えた程度だった。

家の周りを歩いてみたら、塀の日陰部分に、例年の場所に例年の通りドクダミが白い花をつけていた。

生命力が強い多年草なので、根絶するのは容易ではないことに、最近気付いた。

私が小学生の昭和の初めころ、遊びで傷をしたり何かでかぶれたりしたとき、母が、ドクダミの葉をつぶして貼ってくれた。

気持ちが悪い匂いがするドクダミだったが、傷跡もかぶれも、治った後はすべすべしていたような気がする。

やんちゃだった私も、九十路を過ぎた今は、身体はおとなしくなったが、口は、未だやんちゃのままだ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター