二人ぼっちの祝い


今日の札幌は湿度が高い曇り、気温は夏日の線を越えなかった。

一日中雨模様のため、今日も散歩は取りやめ。

午前中、家内が一人で買い物に出かけた。

帰りがいつもより遅いので心配していたら、ニコニコしながらひょっこり帰宅した。

買い物の中から、小さなケーキが出てきた。

聞くと、今日は貴方の誕生日でしょうとの言葉が返ってきた。

忘れていたが、今日は、生後、94回目を迎える、誕生日だったのだ。

家内の変わらぬ好意に感謝しつつ、二人ぼっちで、私の誕生日を、小さなケーキでささやかに祝った。

これからも元気で、合計年齢204歳までは、生き抜こうと、乾いた笑いもした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター