お土産を戴いた


DSCN1502.jpg今日の札幌はうす曇りで、気温は27℃で、陽がさすととても暖かかった。

息子夫婦が、お盆休みと言うことで、沢山のお土産と共に遊びに来た。

そのお土産の一部に、孫の配偶者の実家に、夫婦ともどもで帰省しての帰途、配偶者実家がある県の珍しいお土産のお裾分けを持参した。

戴いた品物の名前は、「華の長十郎」と言う、梨に似せた造りの最中で、富山県の銘菓と書いてあった。

古くから拓けた富山には、優雅でもあり現代的でもあるデザインのお土産物が沢山あるようだ。

息子夫婦との会話もさることながら、孫夫婦が買ってくれたお土産と、富山の風土との話題も沢山話し込んだ。

息子夫婦も、孫夫婦も、ともに明日からは仕事が始まる。 事務年度の折り返しなので、健康に留意し組織や社会に役立っ仕事を、存分にして欲しいと思っている。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター