桃を戴いた

P1040243.jpg今日の札幌は曇りのち雨、気温は夏日だったが蒸した。

雨模様なので、散歩は取りやめ自宅でゴロ寝。

散歩の途中、時々、お話を伺うやゃ遠いご近所さんが、自宅に植えてある桃を持参してくれた。

今は、あまり通っていないが、桃の花が咲く頃、この家の前を通ると綺麗な花が咲いていた。

桃は、温暖な所を好むと聞いていたので、札幌の住宅街で、まさか路地植えの桃を戴くとは思わなかったので驚いた。

調べてみると、小樽の近くの余市町に、夫婦で、ブドウや果樹を栽培している農園が、今月末まで、桃狩りをしていると書いてあったので、札幌でも実がなる桃の栽培は可能なようだ。

戴いた桃の品種は、実の重さが100g程度と形が小さいので、「ひめこなつ」であろうと思った。

触ってみると、まだ、少し硬いと思われるので、もう暫く熟成させてから食べることにした。

また、遠いご近所から差し入れの新しい初物を食べ、元気に過ごし、今度またお邪魔して話し込むことが出来る季節が来れば嬉しい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター