感謝の300年


DSCN1528.jpg今日の札幌は、午前中うす曇り、午後は厚曇り、気温は辛うじて20℃を上回った。

久しぶりに、家内とJR札幌駅界隈を散歩した。

札幌駅界隈にある百貨店2店舗を覗きまわった。

大阪の資本系統の百貨店で、創業三百周年祭と銘打って、商品を値引きしたり、ポイントを増やしたりする売り出しをしていた。

その店の一階に、創業300年と平仄を併せて、樹齢300年と言うオリーブの樹が置いてあった。

この百貨店が、創業300年の感謝の気持ちを表すために飾ったそうだ。

盆栽のように、選定をこまめにしていたのか、10mを越えると聞いていた樹高より、このオリーブの樹は低く見えた。

ただ、一つだけ疑問が残ったのは、日本にオリーブの苗が初めて植えられたのは、明治41年に香川県ほか2県と聞いていたので、その年から起算すると、まだ、109年しか経てように思うのだが。

そんなことはともかく、案内係りの許可を得て記録してみたが、根元が太い樹だったことは間違いない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター