まめたびと言う煎餅を貰った


DSCN1446.jpg今日の札幌は晴れたり曇ったりのまだら天気。

気温は20℃前後で、少し寒いかなぁ程度だった。

家内の妹が、彼女の娘からの到来物を持参して遊びに来た。

透明な包装袋に入った、「まめたび」と言う煎餅だった。

全体を足袋に模した、母指の辺りに切れ込みを入れた煎餅だった。

煎餅は、弱い塩気味の煎餅の表面に、粉砂糖を軽くまぶした七味を利かした味の、歯ごたえがあるものだった。

親の脛をかじったことはあるが、足の裏までは舐めたことが無いので、面白いアイディアだけは美味かった。

年女である義妹は、毎日元気に外歩きをして体を鍛え、その結果を娘にメールをすることを日課にしている。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター