函館のお土産


DSCN1544.jpg今日の札幌は朝から薄曇り、気温は20℃前後。

4日の日から2~3日、函館に出張した息子が、函館土産を持参して遊びに来た。

函館紀行と印刷された土産の包装箱には、口当たりが軽い煎餅が四種類入っていた。

函館には、半世紀前に短期間住んだことがるので、函館と名が付く物はとても懐かしい。

貰った土産の中に封入されている、煎餅の各包装紙には、「いさりびせんべい」とか「いかせんべい」とかと書いてあった。

函館在住の時、一時、元町地区の高い所に住んでいたころ、秋の寒さが強くなるこの時期には、朝早く緩い坂道を、イカ売りのオバサンが「いがぁ~ いがぁいがぁ~」と大きな売り声を出し、リヤカーを曳きながら上って来た。

そんな光景を思い出しながら、貰ったお土産のせんべいを、通称ガンガン寺と言う、ロシア正教の教会の鐘の音を思い出しながら美味しく戴いた。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

無陀仏(ムダブツ)

Author:無陀仏(ムダブツ)


  • 生年  1923年・癸亥
  • 生地  旭川市の中心部
  • 住所  札幌市の北東部
  • 家庭  糟糠の妻と二人
  • 晴天  老妻と巷を徘徊
  • 雨天  陋屋で専ら転寝
  • 通所  水曜日ディケア

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター